ぜんそくあるある
~こんな経験ありませんか?~

喘息は日常生活にさまざまな影響を及ぼします。このページでは、喘息患者さんが日常生活の中で経験する喘 息に関連するいくつかの事例を紹介します。 適切な治療を行い、喘息の症状をうまくコントロールすることで、このような経験から解放されるかもしれま せん。自分により合った治療を行うことで、健康な人と同じような生活を送ることを目指しましょう。

夜中、咳で
目覚めることがあり、
睡眠不足になった

解説を見る
目覚めることがあり、睡眠不足になった
解説を見る

昼間は症状がなくても、夜間に発作が起こり、夜中や明け方に咳がひどくなったり、
息苦しくなったりして睡眠不足になったことはありませんか。発作の時は、咳込むたびに体を起こすことで、睡眠不足になりがちです。
喘息患者さんを対象とした調査では、4 割以上の患者さんが「夜中目覚めることがあった、睡眠不足になった」経験があると回答しています。

夜中目覚めることがあった
睡眠不足になった

グラフ

玉置 淳 ほか . アレルギー・免疫 2018;25:398-412

この出来事に共感された方は、喘息をうまくコントロールできていないかもしれません。週1回以上、夜に喘息の症状が出る場合、あなたの喘息のコントロール状態は不十分または不良だと考えられます。

「ぜんそく症状チェッカー」は、あなたの喘息の状態を簡単に確認できるツールです。
診察時に持参して、医師に正しく自分の状態を伝えることで、より自分に合った治療を行いましょう。喘息をうまくコントロールすることで、こうした経験からの解放を目指しましょう。

閉じる

静かな場所で
咳が止まらなく
なった

解説を見る
静かな場所で咳が止まらなくなった
解説を見る

会議中や授業中、映画館やコンサートなど、静かな場所で咳が止まらなくなってしまったことはありませんか。喘息患者さんを対象とした調査では、3 割以上の患者さんが「症状をおさえたい場所にいたとき」に症状が起きてしまったと回答しています。

喘息症状をおさえたい場所
(会議中・授業中・映画館・
電車・人と会うなど)
にいたときに症状が起きた

グラフ

玉置 淳 ほか . アレルギー・免疫 2018;25:398-412

この出来事に共感された方は、喘息をうまくコントロールできていないかもしれません。週 1 回以上、喘息の症状が出る場合や、発作治療薬を使用している場合、あなたの喘息のコントロール状態は不十分または不良だと考えられます。

「ぜんそく症状チェッカー」は、あなたの喘息の状態を簡単に確認できるツールです。
診察時に持参して、医師に正しく自分の状態を伝えることで、より自分に合った治療を行いましょう。喘息をうまくコントロールすることで、こうした経験からの解放を目指しましょう。

閉じる

発作の
不安から
旅行を控えた

解説を見る
発作の不安から旅行を控えた
解説を見る

旅行先で発作が起こってしまうかもしれないと不安になり、旅行に行くのをあきらめたことはありませんか。
喘息患者さんを対象とした調査では、3 割以上の患者さんが「いつまた発作が起こらないかと不安になった」、1 割以上の患者さんが「外出やレクレーションをあきらめた・変更した、予定をそもそも立てないようにした」経験があると回答しています。

いつまた発作が起こらないかと
不安になった

グラフ

玉置 淳 ほか . アレルギー・免疫 2018;25:398-412

外出やレクレーションを
あきらめた・変更した
予定をそもそも立てないようにした

グラフ

玉置 淳 ほか . アレルギー・免疫 2018;25:398-412

この出来事に共感された方は、喘息をうまくコントロールできていないかもしれません。週 1 回以上、症状が出る場合や、喘息の症状により日常生活の活動が制限されている場合、あなたの喘息のコントロール状態は不十分または不良だと考えられます。

「ぜんそく症状チェッカー」は、あなたの喘息の状態を簡単に確認できるツールです。
診察時に持参して、医師に正しく自分の状態を伝えることで、より自分に合った治療を行いましょう。喘息をうまくコントロールすることで、こうした経験からの解放を目指しましょう。

閉じる

ちょっと急いで
歩いただけで、
息が苦しくなった

解説を見る
ちょっと急いで歩いただけで、息が苦しくなった
解説を見る

横断歩道の信号が変わりそうなときや、電車やバス、エレベーターに乗り遅れそうなとき、ちょっと急いで歩いただけで、息が苦しくなったり、激しく咳込んでしまったことはありませんか。
喘息患者さんを対象とした調査では、2割以上の患者さんが「運動や速く歩いたとき」に症状が起きた、1割以上の患者さんが「運動や速く歩くなどを控えていた」と回答しています。

運動や速く歩いたときに
症状が起きた

グラフ

玉置 淳 ほか . アレルギー・免疫 2018;25:398-412

運動や速く歩くなど
を控えていた

グラフ

玉置 淳 ほか . アレルギー・免疫 2018;25:398-412

この出来事に共感された方は、喘息をうまくコントロールできていないかもしれません。週 1 回以上、症状が出る場合や、喘息の症状により、運動を含む日常生活の活動が制限されている場合、あなたの喘息のコントロール状態は不十分または不良だと考えられます。

「ぜんそく症状チェッカー」は、あなたの喘息の状態を簡単に確認できるツールです。
診察時に持参して、医師に正しく自分の状態を伝えることで、より自分に合った治療を行いましょう。喘息をうまくコントロールすることで、こうした経験からの解放を目指しましょう。

閉じる

身体がだるく、
家事が
はかどらなかった

解説を見る
身体がだるく、家事がはかどらなかった
解説を見る

身体がだるくて、元気がでない、思うように家事がはかどらなかったことはありませんか。
喘息患者さんを対象とした調査では、2 割以上の患者さんが「身体がだるい感じがした」経験があると回答しています。

身体がだるい感じがした

グラフ

玉置 淳 ほか . アレルギー・免疫 2018;25:398-412

この出来事に共感された方は、喘息をうまくコントロールできていないかもしれません。週 1 回以上、喘息の症状が出る場合や、喘息の症状により日常生活の活動が制限されている場合、あなたの喘息のコントロール状態は不十分または不良だと考えられます。

「ぜんそく症状チェッカー」は、あなたの喘息の状態を簡単に確認できるツールです。
診察時に持参して、医師に正しく自分の状態を伝えることで、より自分に合った治療を行いましょう。喘息をうまくコントロールすることで、こうした経験からの解放を目指しましょう。

閉じる

咳がひどく、
他人の目が気になり、
人と接触する
機会を減らした

解説を見る
咳がひどく、他人の目が気になり、人と接触する機会を減らした
解説を見る

電車・バスでの移動中やエレベーターの中で咳込んでしまい、他人の目が気になったことはありませんか。またそれによって外出を控えたり、人を避けてしまったことはありませんか。
喘息患者さんを対象とした調査では、2 割以上の患者さんが「他人の目が気になった」経験があると回答しています。

他人の目が気になった

グラフ

玉置 淳 ほか . アレルギー・免疫 2018;25:398-412

この出来事に共感された方は、喘息をうまくコントロールできていないかもしれません。週 1 回以上、喘息の症状が出る場合や、喘息の症状により日常生活の活動が制限されている場合、あなたの喘息のコントロール状態は不十分または不良だと考えられます。

「ぜんそく症状チェッカー」は、あなたの喘息の状態を簡単に確認できるツールです。
診察時に持参して、医師に正しく自分の状態を伝えることで、より自分に合った治療を行いましょう。喘息をうまくコントロールすることで、こうした経験からの解放を目指しましょう。

閉じる

咳がひどく、
仕事に
集中できなかった

解説を見る
咳がひどく、仕事に集中できなかった
解説を見る

喘息の症状がひどく、仕事の効率が下がったり、仕事を休んでしまったことはありませんか。
喘息が仕事や日常的な活動に及ぼす影響について調べた調査では、喘息のコントロール状態が悪い患者さんで、仕事中の活動が低下し、労働損失(欠勤、仕事中の活動低下)も大きく、さらに日常的な活動も制限されていることが報告されています。

グラフ

足立 満ほか . アレルギー・免疫 2012;19:776-788

この出来事に共感された方は、喘息をうまくコントロールできていないかもしれません。集中して仕事をしたり、思いどおりの日常生活を送るためには、喘息をきちんとコントロールすることが大切です。

「ぜんそく症状チェッカー」は、あなたの喘息の状態を簡単に確認できるツールです。 診察時に持参して、医師に正しく自分の状態を伝えることで、より自分に合った治療を行いましょう。喘息をうまくコントロールすることで、こうした経験からの解放を目指しましょう。

閉じる
玉置 淳 ほか . アレルギー・免疫 2018;25:398-412

過去 1 年未満に喘息で外来受診した経験のある 16 歳以上の喘息患者 788 例

インターネット調査。対象患者のうち、喘息の症状を自覚した患者 651 例において、喘息症状による影響、喘息症状が起こった時の状況、喘息症状が起こることによる気持ちについて尋ねた。

足立 満ほか . アレルギー・免疫 2012;19:776-788

2010 年に実施された日本における National Health and Wellness Survey(NHWS) 調査の被験者集団から自己申告により抽出した喘息関連疾患を有する患者 651 名

治療状況や喘息コントロール状態、健康関連 QOL などに加え、労働環境や Workplace and Activity Inpairment(WPAI) 質問票による労働および活動障害について調査(インターネットによる大規模調査)。