喘息とは 【監修】独立行政法人国立病院機構 相模原病院臨床研究センター
臨床研究センター長 谷口 正実 先生

あなたの気道で起きていること

あなたの気道は、発作があるときだけでなく、ないときも炎症を起こしており、少しの刺激でも過敏に反応しやすくなっています。

※1 インターロイキン(IL):細胞間の情報伝達を担うタンパク質。番号によって働きが異なる。
※2 Th2細胞:2型ヘルパーT 細胞。寄生虫に対する感染防御に関わるリンパ球。
※3 ILC2:グループ2 自然リンパ球。Th2 と同じような働きをする。 ※4 顆粒球:好酸球や好塩基球、マスト細胞など。活性化すると、炎症を起こす物質を放出する。