アトピー性皮膚炎とは(詳細)

アトピー性皮膚炎とは?

アトピー性皮膚炎は、かゆみのある湿疹を主症状とし、悪くなったり良くなったりを繰り返す病気です。多くの患者さんは、アレルギーを起こしやすい「アトピー体質」という遺伝的な要素を持っています。 アトピー性皮膚炎の皮膚は、皮膚を守る「バリア機能」の低下により乾燥や炎症が起こりやすくなります。炎症が起こると、皮膚の内部で免疫細胞が増加します。この免疫細胞が産生するサイトカインという物質は、かゆみやさらなる炎症、バリア機能の障害を起こすことが知られています。

アトピー性皮膚炎の治療目標

アトピー性皮膚炎の治療は、次の状態になることを目標に行われます。

① 症状がないか、あっても軽微で、日常生活に支障がなく、薬物療法もあまり必要としない状態に到達し、その状態を維持する

② このレベルに到達しない場合でも、症状は軽微または軽度で、日常生活に支障をきたすような急な悪化が起こらない状態を維持する

※日本皮膚科学会「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン」より

アトピー性皮膚炎の治療

アトピー性皮膚炎には以下の治療法があります

標準治療の「3本柱」

アトピー性皮膚炎の治療は、①薬物治療②スキンケア③症状を悪化させる要因への対策、という3本柱が基本となります。

① 薬物療法
皮膚の炎症を抑えるために、科学的に有効性が検討されている薬を使用して治療を行います。薬物療法は、「外用療法」と「全身療法」に大別されます。

② 清潔と潤いを保つためのスキンケア
皮膚の乾燥やバリア機能の低下を防ぐために、入浴やシャワーなどで汚れを落として皮膚を清潔に保ち、洗った後には十分な保湿をしましょう。

③ 症状を悪化させる要因への対策
汗、ストレス、ハウスダストやダニ、細菌・カビ、食物など、アトピー性皮膚炎の悪化因子は人によって異なります。 自分の悪化因子を探し、除去するために、生活習慣を見直し、改善することも大切です。

外用療法

・保湿外用薬
皮膚を保湿するための塗り薬です。皮膚の乾燥を改善してバリア機能を回復し、かゆみを抑えます。入浴後は、皮膚が乾燥する前に保湿外用薬を塗りましょう。良い状態を維持するためには、治療により症状が改善した後も毎日の保湿を続けることが大切です。

・ステロイド外用薬
ステロイド外用薬は、効果の強さによって5つのランクに分けられており、皮疹の重症度や塗る場所などによって使い分けます。重症度に合った薬を正しく選び、「必要な量」を「必要な期間」きちんと塗ることで、期待した治療効果が得られます。

ステロイド外用薬の正しい使い方は?

・外用免疫抑制剤
ステロイド外用薬とは異なるメカニズムで炎症を抑える薬です。特にステロイド外用薬の副作用があらわれやすい顔や首などの湿疹によく使われます。専門医の指示に従い、適切に使用することが必要です。

全身療法

・生物学的製剤
生物学的製剤は、アトピー性皮膚炎治療の新たな選択肢です。皮膚の内部で免疫細胞が産生する物質(サイトカイン)の働きを抑えることで、皮膚の炎症を抑え、かゆみや皮疹などの症状を改善する薬です。他の薬とは異なるメカニズムで働くため、今までの治療法で症状が改善しなかった患者さんに、効果が得られる可能性があります。

・経口免疫抑制剤
これまでの治療法では症状が改善しない、成人の重症アトピー性皮膚炎に使用される薬です。かゆみが軽減されることで、患者さんのQOL改善にも有用とされています。

・経口ステロイド
急激に症状が悪化した場合や、非常に症状が重いアトピー性皮膚炎に限って短期間使用することがあります。長期間の使用は避け、医師が必要と判断した時期のみ服用します。

・光線療法
医師の指示のもとに、医療機器を用いて紫外線を照射して皮膚の炎症を改善する治療法です。従来の治療で症状が改善しない場合や、副作用によりほかの治療ができない場合などに行います。