喘息患者さんの声

喘息について、何か悩みはありますか?
喘息患者さんに日頃の悩みをうかがったところ、様々な声を聞くことができました。悩みは人によって違うため、患者さんが話してくれないかぎり、お医者さんも中々全部を理解することはできません。自分の悩みをお医者さんに伝えるのはとても勇気がいるでしょう。でも、勇気を出して、お医者さんに自分の悩みを伝えてみませんか?

常に、いつ発作を起こすかわからない不安があり、発作が起きないようできるだけ注意して生活している。 夜、睡眠をとりたくても、横になると咳が酷くなるので座って休まないといけないことがあり、体にさらに負担がかかる。 喉から風邪を引くことが多いため、喘息による喉の違和感が少しでもあると不安になる。 今は症状が出ていないが、低気圧が近づくと少し息苦しいことがあり、負担を感じる。 発作が起きて息苦しいときや、咳で目が覚めるときなど、このまま死ぬんじゃないかという不安でいっぱいになる。 最近、発作が出て病院を受診した際に咳がひどく出ていたため、コロナの感染を疑われた。周りの人からの視線が痛かった。 今は通院しなくても落ち着いているが、発作の苦しさを知っているだけに、季節の変わり目や急激な気温の変化により不調になるときは、常に発作に対する不安・恐怖を抱えている。 自分自身や同居の配偶者はコロナウイルス感染症対策を徹底しているが、感染するかもしれないという不安や、ワクチン接種による副反応に恐れを感じている。 バスや電車の中など人がたくさんいるところで、咳を我慢するのがしんどい。 社会生活の中では変調が見られないため、自身の辛さを周りの方々に理解してもらえない。 常に、いつ発作を起こすかわからない不安があり、発作が起きないようできるだけ注意して生活している。 夜、睡眠をとりたくても、横になると咳が酷くなるので座って休まないといけないことがあり、体にさらに負担がかかる。 喉から風邪を引くことが多いため、喘息による喉の違和感が少しでもあると不安になる。 今は症状が出ていないが、低気圧が近づくと少し息苦しいことがあり、負担を感じる。 発作が起きて息苦しいときや、咳で目が覚めるときなど、このまま死ぬんじゃないかという不安でいっぱいになる。 最近、発作が出て病院を受診した際に咳がひどく出ていたため、コロナの感染を疑われた。周りの人からの視線が痛かった。 今は通院しなくても落ち着いているが、発作の苦しさを知っているだけに、季節の変わり目や急激な気温の変化により不調になるときは、常に発作に対する不安・恐怖を抱えている。 自分自身や同居の配偶者はコロナウイルス感染症対策を徹底しているが、感染するかもしれないという不安や、ワクチン接種による副反応に恐れを感じている。 バスや電車の中など人がたくさんいるところで、咳を我慢するのがしんどい。 社会生活の中では変調が見られないため、自身の辛さを周りの方々に理解してもらえない。