文字サイズ

かゆみとは? 【監修】大阪大学大学院医学系研究科 皮膚科学教室 教授 片山一朗先生

かゆみはなぜ起こるのか?

皮膚のかゆみは、多くの場合「ヒスタミン」という物質が関わって起こっています。
ヒスタミンとは、皮膚に存在する「肥満細胞」という細胞に含まれる化学物質のひとつです。何らかの刺激が皮膚に加わり、肥満細胞からヒスタミンが放出されると、このヒスタミンが神経を刺激して、刺激が脳に伝わることでかゆみを感じるのです。

かゆみの起こり方

かくことで、さらにかゆくなる

皮膚がかゆくて、ついかいてしまい、さらにかゆみが強くなったという経験はないでしょうか?
皮膚をかいてしまうと、かゆみの主な原因物質であるヒスタミンがたくさん出てくるようになるので、かゆみはさらに強まり、皮膚の状態もさらに悪化するという「かゆみの悪循環」に陥ります。この悪循環を断ち切るためにも、かゆみの治療は早い段階から始めることが大切です。

かゆみの悪循環

そらいろレター プロジェクト