文字サイズ

花粉症の治療法 【監修】島根大学医学部 耳鼻咽喉科 教授 川内秀之先生

花粉症の治療薬

現在のところ、花粉症を完全に治す薬はありませんが、症状を軽くするために、症状の種類や重さによって飲み薬や点鼻薬が使われます。ベースとなるのは「抗ヒスタミン薬」の飲み薬で、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりなどを軽くする効果があります。指示通りにきちんと飲み続けることが大切なので、花粉の飛ぶ量が少なく、症状が軽い日なども自己判断で飲むのをやめないようにしましょう。

花粉症の症状の起こり方と主な治療薬

  • 花粉やハウスダストなどを吸い込むと、鼻の粘膜にある肥満細胞からヒスタミンやロイコトリエンなどが出てくる ヒスタミンなどの物質が中にたくさん蓄えられている 肥満細胞
  • ヒスタミンが神経を刺激するくしゃみ・鼻みず
  • ヒスタミンやロイコトリエンが血管をひろげたり、むくみを起こす鼻づまり

飲み薬

抗ヒスタミン薬

鼻の粘膜でヒスタミンのはたらきをブロックし、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりを軽くします。抗ヒスタミン薬のなかでも、効果に優れ、眠気などの副作用が軽減された「第2世代抗ヒスタミン薬」が主流になっています。

抗ロイコトリエン薬
鼻づまりを軽くする薬で、主に他の薬と組み合わせて使われます。
遊離抑制薬
鼻の粘膜で肥満細胞からヒスタミンやロイコトリエンが出てくるのをおさえる薬です。症状が比較的軽いときに使われます。
抗ヒスタミン薬/α交感神経刺激薬配合剤
抗ヒスタミン薬と、血管を収縮させるはたらきのあるα交感神経刺激薬の配合剤です。くしゃみ、鼻みず、鼻づまりに対して、優れた効果が期待できます。

点鼻薬(鼻のなかに直接噴霧する薬)

鼻噴霧用ステロイド薬
抗炎症作用によりくしゃみ、鼻みず、鼻づまりに対して優れた効果が期待できます。
点鼻用α交感神経刺激薬
血管を収縮させることで、鼻づまりを解消する点鼻薬です。

※遊離抑制薬:ケミカルメディエーター遊離抑制薬

飛散量と症状の経過に応じた薬の選択

花粉シーズン中のつらい症状をできるだけ軽くするためには、薬を使って花粉症を治療することが重要です。このとき、花粉の飛散量と症状の経過に応じて治療薬を選んだり、いくつかの治療薬を組み合わせたりして、最適な治療を行います。

シーズンごとの花粉飛散数と症状の経過(イメージ図)

花粉シーズン前…予防的な治療

例年症状が強く出る人は、この時期から予防的に治療を始める「初期療法」により、シーズン中の症状を軽くすることができます。

主な治療法:飲み薬が中心

抗ヒスタミン薬遊離抑制薬抗ロイコトリエン薬

本格花粉シーズン…症状に応じ十分な対策

花粉飛散開始日には、すでに約60%の患者さんは症状が出ているといわれています。症状が出たら早めに病院へ行き、治療を始める必要があります。また、急な花粉飛散数の増加に備え、症状の重さに応じて治療薬を変えたり、組み合わせることが大切なので、受診の際には自分の症状を医師に伝えましょう。日ごろから、その日の飛散量や症状をチェックする習慣をつけておくとよいでしょう。

主な治療法:飲み薬、点鼻薬などの薬を組み合わせた併用療法が中心

抗ヒスタミン薬鼻噴霧用ステロイド薬抗ロイコトリエン薬抗ヒスタミン薬/α交感神経刺激薬配合剤

花粉シーズン終盤…症状に応じ薬を減らす

スギ花粉の飛散数は減ってくる時期です。症状が軽くなってきたら、それに応じて本格飛散期で使用した薬を減らすことがあります。ただし、この時期はヒノキ花粉の飛散が始まっています。症状が長引く場合は、ヒノキ花粉で症状が出ていることも考えられます。

主な治療法:症状が軽くなったら薬を減らす

抗ヒスタミン薬鼻噴霧用ステロイド薬抗ロイコトリエン薬抗ヒスタミン薬/α交感神経刺激薬配合剤

※遊離抑制薬:ケミカルメディエーター遊離抑制薬

【用語解説】
初観測日:毎年花粉の観測が開始される1月1日から、プレパラート上1個以上の花粉が認められた最初の日。
飛散開始日:1月1日から初めて1cm2あたりの花粉数が2日以上連続して1個以上観測された最初の日。

NPO 花粉情報協会ホームページ
http://pollen-net.com/)より引用

そらいろレター プロジェクト