文字サイズ

鼻閉の闇

報告書にて、鼻の構造の凄さをご説明しましたが、そのような鼻も機能しなくなることがあるのです。
「鼻閉」の中で、最も多い原因となるのがアレルギー性鼻炎に由来するものであります。
アレルギーにより鼻粘膜に炎症がおこり、血管が拡張し、腫れを起こします。軽いうちは「ネーザルサイクル」によって、片方ずつが詰まりますが、悪化すると、鼻の両側の下甲介粘膜が腫れて空気の通り道を塞いでしまうのです。
鼻閉を感じる人の中には、鼻閉は「鼻水が詰まっている」と思われているかもしれませんが、実は、鼻水が詰まっているのではなく、鼻の中が腫れてしまっているのです。
鼻の穴の奥には、目には見えない鼻閉という闇がうごめいているのです。

そらいろレター プロジェクト