外用薬(塗り薬)の正しい使い方

外用薬(塗り薬)には、保湿を目的にした「保湿外用薬」と、炎症を抑えることを目的にした「ステロイド外用薬」と「外用免疫抑制剤」があります。
アトピー性皮膚炎は良くなったり悪くなったりを繰り返す病気なので、少し良くなったからといって自己判断でやめたりせず、「必要な量」を「必要な期間」使い続けることが大切です。

※以降このページでは、「ステロイド外用薬」と「外用免疫抑制剤」を合わせて「炎症を抑える外用薬」と呼びます

①塗る範囲

炎症を抑える外用薬は、炎症のみられる範囲より2cmほど広めに塗ります。
保湿外用薬は全身に塗って乾燥を防ぎ、皮膚のバリア機能を保つようにしましょう。

外用薬を塗る範囲

体の部位によって、薬の吸収されやすさが異なります。
そのため、炎症を抑える外用薬は部位ごとに違う強さの薬を使い分けることがあります。

体の部位ごとの外用薬の吸収されやすさ

②必要な量

大人の第一関節の長さくらいの量を1FTU(ワン・フィンガー・チップ・ユニット)といい、手のひら2枚分くらいの面積に塗ります。ローションであれば1円玉くらいの大きさに出した量が1FTUに相当します。

1FTUの量の目安

5gチューブは手のひら20枚分に相当。
全身に塗るには5gチューブ4本くらい必要。

5gチューブの量の目安

ティッシュが貼りつくくらいまで、
厚めに塗りましょう!

外用薬を塗る厚みの目安

③必要な期間

炎症を抑える外用薬を使用し始めて、赤みが薄くなりかゆみが軽快しても、炎症はまだ治まっていない場合があります。自己判断で中断せずに治療を継続しましょう。

良くなったり悪くなったりを繰り返す湿疹には「プロアクティブ療法」

リアクティブ療法とプロアクティブ療法

炎症を抑える外用薬の使い方には、症状が出たときだけ使う「リアクティブ療法」と、症状がなくなった後も週2回程度継続的に使う「プロアクティブ療法」があります。
アトピー性皮膚炎では、皮膚の表面はきれいに見えても、皮膚の内部に炎症が残っていることもあります。良くなったり悪くなったりを繰り返す湿疹に対してはプロアクティブ療法で、しっかりと治療を続けることが大切です。

④基本の塗り方

外用薬の塗り方1

皮膚にちょんちょんと置くような感じで、薬をつけます。

外用薬の塗り方2

すり込まず、乗せるように、やさしく手のひらで広げます。皮膚のシワにそって広げるようにしましょう。

保湿外用薬は入浴後が効果的。
湿疹の部位だけでなく、全身に塗りましょう。

外用薬は入浴後に塗るのが効果的

入浴すると皮膚が水分をたくさん保持しているので、保湿外用薬を早めに使うと、その水分が逃げないうちに皮膚にフタをすることができます。
全身にたっぷり塗るには、指先でなく手のひらに多めにとり、身体のしわに沿って塗ると、きれいに広がります。

間違ったアトピー性皮膚炎治療の情報に注意

アトピー性皮膚炎の治療に関する情報はたくさんありますが、間違ったものも少なくありません。特に炎症を抑える外用薬である「ステロイド外用薬」に関する情報は数多く取り上げられていて、長く使うことで「肌が黒ずんだ」、「ぶ厚くガサガサになってしまった」などという情報は時々みられることがあります。非常に多い誤解の1つですが、この症状は、アトピー性皮膚炎の炎症が抑えられずに長く続いてしまったことで起こる症状です。薬の副作用を過剰に心配し、きちんと薬を使わなかったために起こってしまった可能性があります。治療に不安があるときは、必ず医師に相談し、適切な治療を継続しましょう。