教えて! タモツさん 「良い状態をキープ」ってどういうこと? 【監修】ひふのクリニック人形町 院長/東京慈恵会医科大学 客員教授 上出良一先生

main banner main banner
advertising models advertising models

アトピー性皮膚炎は、「良い状態」と「悪い状態」を繰り返す病気です。
でも、治療が年々進歩している今では、
状態をよくするだけでなく、「良い状態をキープ」することが目指せるようになっています。
「良い状態をキープ」するという目標に向けてまず取り組むことをお知らせしましょう。

アトピー性皮膚炎は、かゆみや湿疹などの症状が、良くなったり悪くなったりを繰り返します。見た目には良くなったように見えても、皮膚の奥底に炎症が残っていると、さまざまな要因によって悪化してしまいます。

epidermal-cells epidermal-cells icon arrow-down

そこで、アトピー性皮膚炎の治療は、
以下の状態をキープすることがすすめられています。

icon arrow-down

アトピー性皮膚炎の治療目標

icon number症状がない状態、あるいはあっても日常生活に支障がなく、薬物療法もあまり必要としない状態

icon number軽い症状はあっても、急に悪化することはなく、悪化してもそれが続かない状態

icon arrow-down

そうなれたらうれしいけど、
治療を続けていてもなかなか改善しないし、
モチベーションが続かない…

とお考えの方、
ちょっと待ってください。
今のあなたにとって最適な治療
ができているか、
医師と相談していますか?

advertising models advertising models

アトピー性皮膚炎の悪循環

chart circle chart circle

※ 体内の細胞同士の情報伝達を行う体内物質のことをサイトカインを呼ぶ。ここでは、アトピー性皮膚炎の患者さんにおいて「バリア機能低下」「炎症」「かゆみ」のすべてに直接的に影響する特有の体内物質のことを指す。

かゆくて皮膚をかけば皮膚のバリアは壊れてしまいます。バリア機能が低下すると、アレルギーの原因物質が侵入しやすくなり、皮膚の下で炎症が引き起こされてしまいます。炎症はさらにバリア機能低下やかゆみを引き起こします。

この悪循環を断つには、「かゆみ」「バリア機能の低下」だけでなく「皮膚の下の炎症」も合わせた3つの要素を捉えることが大切。見た目だけでなく、身体の内側の問題にも着目する必要があります。

アトピー性皮膚炎の治療で大切な3つの要素

かゆみ

皮膚の
バリア機能低下

皮膚の下の炎症

advertising models

3つの要素を捉えることが大切。
つまり、身体の内側も問題なんだ。

見た目にはきれいでも、皮膚の下に潜在的に炎症が残っている状態にとどまっていたら、悪化の繰り返しからなかなか逃れられません。もう一歩先の、「皮膚の下の炎症」を抑えることにまで目を向ければ、正常な皮膚に近い状態を保つこと、つまり「良い状態」のキープを目指すことができるようになるでしょう。

epidermal cells epidermal cells

その実現にはまず、あなたの「いま」の状態を把握すること。そして、「これから」の変化を把握すること。それを医師と相談しながら、二人三脚で治療に取り組んでいくことが大切です。

advertising models advertising models

皮膚を「良い状態」に
“たもつ”ことができたら、
あなたなら何をしたいですか?

あなたの治療の目的は?
?

あなた自身の目標を、
ぜひ医師にも
話してみてください。

夜、ぐっすり眠る active
ファッションを楽しむ active
温泉でのんびりする active
対人関係で積極的になる active
仕事に集中 active
学業に集中 active
旅行に行く active

アトピー性皮膚炎の治療は年々進歩しており、治療の選択肢も増えています。
あなたのアトピーを「良い状態」にキープして、あなたの目標を達成しましょう。

片岡愛之助が演じる「タモツさん」が、「良い状態をキープ」するという目標に向けてまず取り組むことについて解説しています。ご覧ください。

▶「クルマで登場」編(60秒)

author image

▶メイキング動画(近日公開)