どんな治療方法があるの? 【監修】昭和大学 医学部 小児科学講座 講師 今井孝成先生

食物アレルギーの治療では、原因となっている食物を必要最小限に除去し、アレルギー反応を起こさないようにすることが最も重要になります。ただし、食物アレルギーは成長いちじるしいお子さんに多いため、除去した食物を補う栄養指導も必要です。また、原因食物を誤って食べてしまい、症状が出てしまった場合には、お薬を使って早めに適切な処置をすることが大切です。

症状が出ないようにするために

食物アレルギー症状が出ないようにするためには、正しい診断に基づいた必要最小限の食物除去を行います。しかし、食物除去の程度や方法、期間などは患者さんそれぞれで違います。成長への影響を考え、適切な栄養指導のもと、バランスのよい食事を心がけることが何よりも大切です。
(食物除去を実際に始めるときは、こちらをご覧ください。)

症状が出てしまったら

原因食物を誤って食べてしまい、症状が出てしまった場合には、抗ヒスタミン薬の飲み薬や、アナフィラキシーショックに対してアドレナリン自己注射薬が使われます。これらのお薬により、アレルギー反応をおさえ、症状をやわらげることができます。症状が出たときの対応については、お医者さんとあらかじめ相談して決めておきましょう。

経口減感作療法について

これまで、食物アレルギーに根本的な治療方法はなく、必要最小限の食物除去を行いながら定期的に血液検査を行い、時期がきたら負荷試験を行って食べられるようになったかを確認していました。しかし最近、経口減感作療法が世界的に行われるようになり、その効果が確認され始めています。食物アレルギーが治らなかった患者さんや、より早く治るための治療方法がいま世界中で研究されています。しかし、現時点ではまだ研究段階にあり、単に“食べれば治る”という簡単なものではありません。うまく減感作されなかったり、治療中に強いアナフィラキシー症状が出ることもまれではありません。
経口減感作療法は、食物アレルギーの専門性の高い医療機関や医師のもとで慎重に行われるべきなので、安易な気持ちで行うことは絶対に勧められません。