鼻づまり、匂いが
わからないのはなぜ?
【監修】獨協医科大学 耳鼻咽喉・頭頸部外科 主任教授 春名 眞一 先生

鼻づまりがなかなか治らない、匂いがわからない…。そんなつらい症状に悩まされていませんか?
実はその症状、副鼻腔炎という病気が原因かもしれません。副鼻腔炎とはどのような病気なのでしょうか。
なぜ鼻づまりが起きたり、匂いがわからなくなったりするのでしょうか。

鼻づまりが治らない、匂いがわかりづらい」
その症状、 副鼻腔炎 ふくびくうえん かもしれません。

鼻づまりはなぜ起こるの?

鼻づまりは、鼻の中の空気の流れが悪くなることで起こります。
空気の流れが悪くなる原因として、以下のようなことが考えられます。

①ドロドロの鼻水がたまっている

副鼻腔炎では、粘り気のあるドロドロした鼻水がでることがあります。ドロドロの鼻水は鼻の中にたまりやすいため、空気の通り道をふさいでしまい、鼻づまりの原因になります。

②鼻の粘膜が腫れている

副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎などでは、鼻の粘膜が炎症を起こして腫れてしまうことがあります。粘膜が腫れると、空気の通り道がせまくなり、鼻の通りが悪くなるため、鼻がつまっているように感じます。

鼻茸 はなたけ とよばれるポリープができている

副鼻腔炎では、鼻の中に鼻茸(鼻ポリープ)とよばれるキノコ状の「できもの」ができることがあります。
鼻茸は大きくなると、鼻の中をふさいでしまい、鼻づまりの原因になります。

①ドロドロの鼻水がたまっている

副鼻腔炎では、粘り気のあるドロドロした鼻水がでることがあります。ドロドロの鼻水は鼻の中にたまりやすいため、空気の通り道をふさいでしまい、鼻づまりの原因になります。

②鼻の粘膜が腫れている

副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎などでは、鼻の粘膜が炎症を起こして腫れてしまうことがあります。粘膜が腫れると、空気の通り道がせまくなり、鼻の通りが悪くなるため、鼻がつまっているように感じます。

鼻茸 はなたけ とよばれるポリープができている

副鼻腔炎では、鼻の中に鼻茸(鼻ポリープ)とよばれるキノコ状の「できもの」ができることがあります。
鼻茸は大きくなると、鼻の中をふさいでしまい、鼻づまりの原因になります。

なぜ匂いがわからなくなるの?

鼻から匂い分子が入ると、まず鼻の最上部( 嗅裂 きゅうれつ )にある 嗅細胞 きゅうさいぼう とよばれる細胞に届きます。
その後、嗅神経を介して電気信号が脳に送られて、私たちは匂いを感じます。

この経路のどこかに異常があると、匂いがわからなくなってしまいます。
具体的には、以下のようなことが考えられます。

①匂い分子が嗅細胞まで届かない

鼻の中の空気の流れが悪く、匂い分子が嗅細胞まで届かないと、匂いを感じることができなくなります。
副鼻腔炎では、鼻の粘膜が腫れたり、鼻茸とよばれるポリープが鼻の中にできることで、匂い分子が届かなくなることがあります。

②嗅細胞がダメージを受けている

嗅細胞がダメージを受けると、匂いを感じにくくなります。
風邪などがきっかけで嗅細胞がウイルスに感染した場合や、頭や顔に外傷を受けた場合などに見られます。

③匂いが脳に伝わるまでの経路がダメージを受けている

電気信号が脳に伝わるまでの経路がダメージを受けていると、匂いを感じることができなくなります。
とくに頭部に外傷を受けた場合や、脳の疾患などでみられます。

匂いがわからなくなる原因疾患として、最も多い疾患は副鼻腔炎です。
その他に、風邪、頭部外傷、アレルギー性鼻炎、
加齢なども原因になると考えられています。