鼻茸(鼻ポリープ)とは? ~症状、原因、治療法について~ 【監修】獨協医科大学 耳鼻咽喉・頭頸部外科 主任教授 春名 眞一 先生

鼻や副鼻腔の炎症が長引くと、「鼻茸(鼻ポリープ)」ができることがあります。
鼻からキノコ??と思うかもしれませんが、3ヵ月以上症状が続く慢性副鼻腔炎のうち、10~20%に鼻茸があると考えられています。
このページでは、鼻茸ができる理由や治療法について解説します。

鼻茸ってなに?

鼻茸は、鼻や副鼻腔の壁(粘膜)が炎症によって腫れて垂れ下がり、キノコ状になったものです。
1つだけの場合もあれば、複数できる場合もあります。また、片側だけではなく、両側の鼻の中にできることもあります。
鼻茸は、鼻づまりや匂いを感じづらくなる原因になります。

鼻の中(鼻腔)に発生した鼻茸

鼻茸はどういう人にできるの?

鼻茸は、慢性副鼻腔炎の患者さんでよく見られます。慢性副鼻腔炎の患者さんの10~20%、およそ20万人に鼻茸があると言われています。なかでも、治りにくい副鼻腔炎である「好酸球性副鼻腔炎」は、鼻の両側に鼻茸ができやすいことがわかっています。好酸球性副鼻腔炎の患者さんの鼻茸は、手術で取り除いても再発しやすく、国の難病に指定されています。
他にも、アスピリン喘息(アスピリンが原因で起きる喘息)やアレルギー性真菌性副鼻腔炎(カビ菌が原因の副鼻腔炎)、アトピー体質の人でも鼻茸が認められることがあります。

鼻茸によって起こる症状は?

鼻茸は、主に鼻の奥の、空気の通り道にできます。そのため、鼻茸は鼻づまりの原因になります。また、鼻の天井にある「嗅裂」と呼ばれる部分に鼻茸ができると、匂いを感じにくくなります。
さらに、鼻づまりや匂いを感じにくい状態を放っておくと、その他の日常生活に支障がでることもあります。

鼻茸の治療は?

鼻茸を小さくするために、ステロイドの飲み薬生物学的製剤と呼ばれる新しいタイプの注射薬が使用されます。鼻茸が大きい場合や、鼻・副鼻腔の炎症が強い場合には、内視鏡を使った手術(ESS:内視鏡下鼻内副鼻腔手術)が行われることもあります。手術後は、再び鼻茸ができないように、点鼻薬鼻洗浄などによるケアを続けることが大切です。
鼻茸は炎症が続くことで大きくなります。鼻づまりが治らない、匂いがわかりづらくなった、などの鼻症状に気づいたら、早めに病院に行きましょう。

鼻茸ができる様子