鼻茸はなたけ(鼻ポリープ)とは?

【監修】獨協医科大学 耳鼻咽喉・頭頸部外科 主任教授 春名 眞一 先生

「鼻茸(鼻ポリープ)」と聞いて、「鼻にポリープができるなんて⁉」と思う方が多いかもしれませんが、治りにくい慢性副鼻腔炎では、ポリープ状のできものが鼻の中にできるケースがあり、鼻茸(鼻ポリープ)と呼ばれています。
このページでは、鼻茸(鼻ポリープ)について解説しています。

鼻茸(鼻ポリープ)ってなに?

鼻茸(鼻ポリープ)は、副鼻腔炎で主に中鼻道ちゅうびどうにできるものをいいますが、嗅裂きゅうれつにできることもあります。

鼻の中(鼻腔)に発生した鼻茸鼻の中(鼻腔)に発生した鼻茸 鼻の中(鼻腔)に発生した鼻茸

鼻茸(鼻ポリープ)は中鼻道や嗅裂などにでき、
特に嗅裂にできると
匂いが感じづらくなります。

あなたの嗅覚状態は、?

嗅覚の状態をチェック!

smell
smell

70%以上が正常です。

慢性副鼻腔炎まんせいふくびくうえん(蓄膿症)ちくのうしょうの患者さんの10~20%、
およそ20万人に鼻茸(鼻ポリープ)がある
とされています。
なかでも、治りにくい慢性副鼻腔炎の鼻茸(鼻ポリープ)は、

鼻茸(鼻ポリープ)は、鼻の両側に多くできやすいため手術で取り除くことが必要です。鼻の両側に多くできやすいため、手術で取り除くことが必要です。

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)は、専門の病院で検査・
治療をする必要があります。

薬物療法として、鼻茸(鼻ポリープ)による症状を緩和するために、鼻噴霧用(点鼻薬)や経口(飲み薬)のステロイド薬を使用することがあります。また、手術療法として、鼻茸(鼻ポリープ)を取る治療があります。
治りにくい慢性副鼻腔炎の治療には、内視鏡やCTといった専門の検査が必要なので、早めに病院に行きましょう。

鼻茸(鼻ポリープ)によって起こる症状は?

鼻茸(鼻ポリープ)は、主に鼻の奥の、空気の通り道にできます。
鼻茸(鼻ポリープ)が中鼻道にできると鼻づまりの原因
となり、嗅裂(鼻の奥の匂いを感知する場所)にできると、
「匂いがわかりにくい」という症状も起こります。
匂いがわからないと、食べ物の味もわかりにくくなってしまいます。

鼻茸(鼻ポリープ)

▶鼻茸による症状

鼻茸による症状

▶鼻茸によっておこる日常生活への悪影響

鼻づまりで睡眠不足、頭痛で集中できない、食事が楽しめない 鼻づまりで睡眠不足、頭痛で集中できない、食事が楽しめない 鼻茸によっておこる日常生活への悪影響

鼻茸(鼻ポリープ)を放置するとどうなるの?

鼻茸(鼻ポリープ)は、放置しておくと大きくなり、鼻症状がひどくなる可能性があります。
早めに受診し、検査と治療を受けることが必要です。

鼻づまりや「匂いがわからない」など、続く鼻症状は治りにくい慢性副鼻腔炎かもしれません。
こうした症状が見られる場合は、早めに病院へ行って相談しましょう。

治りにくい慢性副鼻腔炎の代表的な症状 治りにくい慢性副鼻腔炎の代表的な症状

鼻づまりや「匂いがわからない」といった症状があれば、
鼻茸(鼻ポリープ)が
できているのかもしれません。
専門の病院を受診して、検査を受けましょう。