文字サイズ

かゆみによるパフォーマンスへの影響 【監修】大阪大学大学院医学系研究科 皮膚科学教室 教授 片山一朗先生

かゆみは日常生活でのパフォーマンスを低下させる

かゆみは、経験すればわかる通り、とてもつらい感覚のひとつです。睡眠が妨げられたり、かくのをがまんすることがストレスになったりと、患者さんの生活の質(QOL)や、日常生活に必要な集中力・判断力・作業能率(パフォーマンス)にも大きく影響します。

かゆみを伴うアレルギー性皮膚疾患に悩む方の労働生産性を調査したデータによると、皮膚のかゆみによって労働生産性が約40%低下すると報告されています。皮膚のかゆみがいかに患者さんのパフォーマンスに影響しているかがわかります。

皮膚のかゆみによる労働生産性の低下

室田浩之 他:Progress in Medicine 29(7):1842, 2009より

かゆみはすべての人のパフォーマンスに影響する

それでは、かゆみは、どのような人のパフォーマンスに影響を及ぼすのでしょうか?仕事で多忙を極めるビジネスマン、学校や予備校で勉学にはげむ受験生、毎日車を運転する職業ドライバーの方だけではなく、子育てや家事を行う主婦の方や、高齢者の方など、すべての方のパフォーマンスにも、同様に大きな影響を及ぼします。
こちらでは、かゆみによる仕事と勉学への影響について取り上げ、ご紹介しましょう。

かゆみが仕事に与える影響

かゆみが勉学に与える影響

パフォーマンスを取り戻すためには

かゆみによって低下したパフォーマンスを取り戻し、悩みを解決するためには、まずは病院を受診し、正しい診断に基づいた適切な治療を受けることが何よりも大切です。

そらいろレター プロジェクト