文字サイズ

  • アレルギーi
  • パフォーマンスでお悩みの方へ
  • アレルギーとパフォーマンス

アレルギーとパフォーマンス 【監修】東北大学大学院医学系研究科 機能薬理学分野 教授 谷内一彦先生

アレルギーの症状によるパフォーマンスの低下

花粉症やアレルギー性皮膚疾患などのアレルギーがあると、これらの疾患によって起こるわずらわしい症状が仕事や勉強、家事、スポーツなど、さまざまな日常生活に支障をきたし、「パフォーマンスの低下」につながることが知られています。

全国のアレルギー性疾患(季節性アレルギー性鼻炎、通年性アレルギー性鼻炎、皮膚疾患)の患者さんに対して行ったアンケート調査によると、アレルギーの症状が「集中力維持の困難」「仕事・家事・勉強への支障」などをきたしていることが明らかになり、日常生活のパフォーマンスに大きな影響を与えている現状が浮き彫りになりました。

アレルギーの症状がパフォーマンスに与える影響
-アレルギー性疾患患者さんを対象としたアンケート調査結果

パフォーマンスを取り戻すには?

かゆみによるパフォーマンスへの影響

詳しくはこちら

かゆみが仕事に与える影響

詳しくはこちら

かゆみが勉学に与える影響

詳しくはこちら

そらいろレター プロジェクト