文字サイズ

汗とアトピー性皮膚炎 【監修】大阪大学大学院医学系研究科 皮膚科学教室 准教授 室田浩之先生

にはふたつの顔がある

アトピー性皮膚炎の患者さんにとって、汗は症状を悪化させる“悪玉”のイメージが強いかもしれません。けれども、本来汗には、皮膚や身体を健康に保つ“善玉”のはたらきがたくさんあります。悪玉の汗を怖がってやりたいことをガマンするのではなく、善玉の汗をうまく使って生活を楽しみましょう。

汗の善玉力

  • ダニなどアレルゲンの
    悪影響を和らげる
  • 体温を調節する
  • 皮膚の保湿
  • 抗菌

汗の悪玉力

  • 痒みを生じる

そのままにしていると

  • 症状が悪化する

をかいてみよう~善玉の力を活躍させよう~

汗には本来、体温の調節や皮膚の保湿、抗菌などの大切な働きがあります。しかし、アトピー性皮膚炎の患者さんには、汗が出にくい(発汗障害)という症状を抱える方が多く、善玉の力がうまく働かないために、皮膚のバリア機能が低下したり身体に熱がこもったりして、症状やかゆみを悪化させる原因になっていると考えられます。汗をかくことを避ける必要はありません。「汗をかけるからだ」をつくることで、善玉の力が十分に発揮されるようになり、症状の改善も期待できます。

定期的に運動を
してみませんか?
ぬるめのお風呂につかる
など汗をかく習慣を
夏のエアコンは温度設定を
低くしすぎないように
身体が温まる
食事を心がける

をかいたあとの対策~悪玉の力を封じ込めよう~

汗が「悪玉」に変わるのは、汗をかいた「あと」です。汗の善玉力は時間とともに低下し、悪玉として皮膚に悪影響を及ぼすようになります。汗をかいたらそのまま放置せず、シャワーで洗い流すか、ぬれタオル・おしぼりなどで吸い取りましょう。シャワー浴の後はよく水分を拭きとり、保湿剤などを塗って乾燥を防ぐことも忘れずに。

汗をかいたら
シャワーを浴びるなど、
汗対策を忘れずに
シャワー浴できないときは、
おしぼりやぬれタオルで
汗を吸い取る
シャワーのあとは水分を
よくふきとり、すぐに
保湿剤などで乾燥対策を
そらいろレター プロジェクト