文字サイズ

病院ではどんなことをするの? 【監修】大阪大学大学院医学系研究科 皮膚科学教室 教授 片山一朗先生

視診

皮膚疾患の診療では、まず、お医者さんが皮膚の状態を目で見て診断する「視診」が行われます。皮膚のそのままの状態を見た方が診断しやすいため、診療前は市販薬などで処置をしない方がよいでしょう。もし、市販薬などを使っている場合は、診療時にそのことを伝えましょう。また、女性で顔に症状が出ているときなど、お化粧をするとお医者さんの診断が難しくなる場合もあります。できるだけお化粧をしないで診療を受けるようにしましょう。

問診

「視診」とともに皮膚疾患の診療で非常に重要なのが、患者さん本人に症状の経過などをくわしく聞く「問診」です。お医者さんは、視診とくわしい問診により、かゆみの原因となっている疾患や、かゆみを引き起こしている要因をある程度推定することができます。症状以外の気になる点についても、伝えるようにしましょう。

検査

あなたのかゆみがどのような疾患が原因で起こっているのか、またそれがアレルギー性のかゆみの場合は、どのような原因物質がアレルギーを引き起こしているかなどを判断するために、必要に応じた検査が行われることがあります。

診断と治療

視診、問診、検査などにより、お医者さんはあなたのかゆみを診断し、その診断に基づいた治療を選択してくれます。治療薬を選ぶ場合は、あなたのライフスタイルについても参考にして、適切な薬が選ばれます。

そらいろレター プロジェクト