文字サイズ

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎とは?

アトピー性皮膚炎とは、皮膚にかゆみの強い湿疹ができそれがよくなったり悪くなったりを繰り返す病気です。生後2〜3ヵ月を過ぎたころから発症することもあり、年齢によって特徴的な症状が変化していってなかなか治らないこともあります。

乳児期

幼小児期

思春期以降

アトピー性皮膚炎の原因

アトピー性皮膚炎の患者さんは、「アトピー体質」という遺伝的な要素をもっており、ここにダニやホコリ、食べ物などのアレルゲン、または乾燥や汗などの環境要因が加わると、アトピー性皮膚炎が起こると考えられています。

アトピー性皮膚炎の原因

アトピー性皮膚炎の治療

アトピー性皮膚炎の治療では、皮膚の炎症をおさえる「ステロイド外用薬」「タクロリムス軟膏」などの塗り薬が基本になりますが、「抗ヒスタミン薬」の飲み薬でかゆみをコントロールすることも大切です。

アトピー性皮膚炎の治療で使われる主な薬

塗り薬

■ステロイド外用薬、タクロリムス軟膏
皮膚の炎症をおさえます。

■保湿薬
皮膚の乾燥を防ぎます。

飲み薬

■抗ヒスタミン薬
皮膚でのヒスタミンのはたらきをブロックし、かゆみをおさえます。

そらいろレター プロジェクト