文字サイズ

離乳食の進め方は? 【監修】昭和大学 医学部 小児科学講座 講師 今井孝成先生

離乳食は、赤ちゃんが母乳やミルク以外の食事から十分な栄養素をとることができるようになるための練習の時期です。食物アレルギーで食べられないものがあっても、食べられる食物を“初めて食べる”ということを親子でひとつずつ楽しみながら進めていきましょう。

食物アレルギーがある場合の離乳食

赤ちゃんに食物アレルギーがあっても、必要最小限の原因食物を除去したうえで、厚生労働省策定の『改訂 授乳・離乳の支援ガイド』にもとづいて生後5〜6ヵ月ごろから離乳食を進めていくことができます。日本をはじめ世界中の食物アレルギーのガイドラインでは、鶏卵や乳製品などの食べ始める時期を遅らせたり、予防的に除去したりすることは勧められていません。最近の研究では、不必要な除去はアレルギーを助長する可能性すら指摘されています。月齢にそった食材を、ひとつずつあせらずに試していきましょう。原因食物が入っていなければ、市販のベビーフードも利用できます。
離乳食を始めてから気になる症状が出た場合は、何を食べてどんな症状が出たのかを整理し、お医者さんに相談しましょう。皮膚などの症状の原因がすべて食べたものにあるとは限りません。自己判断で食物を避けることは絶対にやめましょう。

初めて食べるものを試すとき

初めて食べるものは、

  • 赤ちゃんの体調のいいときに
  • 月齢にあった新鮮な食材を選び
  • 十分に加熱して消化しやすくし
  • 少量(1さじずつ)から(魚や肉はだしなどから)

万が一何か症状があらわれても、すぐに病院を受診することができる平日昼間の時間帯に試すと安心です。

離乳食の進め方

かんだり飲み込んだりすること、食材の種類や食べる量を増やすこと、食事のリズムを覚えることなど、それぞれについて赤ちゃんがクリアできたものから次のステップへと、順番に進めていきます。進め方は月齢などを目安に基本的な方法を参考にしますが、赤ちゃんによっても差があるので、そのやり方にとらわれすぎる必要はありません。

離乳食の開始(1〜2ヵ月)

  • 最初は1日1回、消化のよいつぶしがゆなどを1さじずつから始めます。
  • つぶしがゆが5〜6さじと食べられるようになってきたら、やわらかく煮てすりつぶした野菜やいもなどを1さじずつ追加していきましょう。
  • 最初のうちは赤ちゃんの腸もまだまだ未熟な状態です。いろいろな食材を試すことより、母乳やミルク以外の消化のよいものを口に入れ、上手に飲み込んで、消化、吸収をする練習から始めましょう。
<食物アレルギーに関して>
この時期に始める食材が原因で発症するアレルギーは非常に少なく、また、あったとしても即時型の症状(食べて2時間以内の反応)はほとんどありません。怖がらず、時期が来たら離乳食を始めましょう。

始めてから3〜4ヵ月

  • 離乳食を始めて3〜4ヵ月ほど経ったら、2回食に増やしていきます。
  • おかゆや野菜、いもなど、量がある程度食べられるようになったら、果物やたんぱく質のおかずなど食材の種類を増やしていきます。たんぱく質のおかずは、消化のよい白身魚や豆腐、ささみなどが始めやすい食材ですが、慣れてきたらこだわらずにいろいろなものを試してみましょう。肉や魚で脂肪の多いものは、消化があまりよくないので少量から始め、徐々に量を増やしましょう。
  • 形状もペースト状のものが上手に食べられたら、粒混じりのもの、細かく刻んだものと、順番に進めていきます。
<食物アレルギーに関して>
食物アレルギーの原因は、その食物に含まれるたんぱく質です。アレルギー体質の強い赤ちゃんのなかには、たんぱく質の多い魚や、まれに肉などにもアレルギーがあることがありますが、数は決して多くはありません。

始めてから5〜6ヵ月

  • 離乳食を始めて5〜6ヵ月頃までには、除去の指示がない限り日常的によく食べる鶏卵、乳製品、小麦などの食材もひと通り試していきましょう。鶏卵は卵黄から始め、少しずつ卵白の量を増やして試します。
  • この時期に3回食にして食事のリズムを覚えさせ、また食事のバランスや量も意識していきましょう。
<食物アレルギーに関して>
いよいよ赤ちゃんで食物アレルギーの原因となりやすい食物も食べていきます。しかし、そもそも赤ちゃんで食物アレルギーを起こすのは10%程度で、このうちの約60%は鶏卵アレルギーです。離乳食の食べ方が原因で食物アレルギーになる可能性は低く、むやみに食べることを避けていても、症状が出るのを先送りにするだけで、アレルギーを予防する効果があるわけではありません。

離乳の完了

  • 母乳やミルクを飲まなくても、食事から十分な栄養素がとれるようになれば離乳食も完了です。
  • 消化の悪いものや固いもの、味付けの濃いものはまだ避けるようにしますが、大人の食事からの取り分けも徐々にできるようになります。
  • ただし、生の魚介類(お刺身やいくら)などは、食中毒の危険もあるので3歳以降に始めるのがいいでしょう。
  • 牛乳アレルギーの場合は、離乳が完了したあと、カルシウム不足になりがちです。カルシウムをとるために、フォローアップミルクや牛乳の代わりとして、アレルギー用ミルクを続けて利用できるといいでしょう。
そらいろレター プロジェクト