文字サイズ

花粉症によるパフォーマンスへの影響 【監修】島根大学医学部 耳鼻咽喉科 教授 川内秀之先生

花粉症は日常生活でのパフォーマンスを低下させる

毎年繰り返される花粉症の症状はとてもつらく、患者さんの生活の質(QOL)や、日常生活に必要な集中力・判断力・作業能率(パフォーマンス)にも大きく影響します。

海外で疾患ごとの生産損失額をみた調査によると、調査した11の疾患の中で花粉症・アレルギー性鼻炎の生産損失額が最も大きかったと報告されています。花粉症がいかに患者さんのパフォーマンスに影響しているかがわかります。

疾患ごとの生産損失額

Lamb CE et al:Curr Med Res Opin 22(6):1203, 2006より改変

花粉症はすべての人のパフォーマンスに影響する

それでは、花粉症は、どのような人のパフォーマンスに影響を及ぼすのでしょうか?仕事で多忙を極めるビジネスマン、学校や予備校で勉学にはげむ受験生、毎日車を運転する職業ドライバーの方だけではなく、子育てや家事を行う主婦の方や、高齢者の方など、すべての方のパフォーマンスにも、同様に大きな影響を及ぼします。
こちらでは、花粉症による運転と仕事、勉学への影響について取り上げ、ご紹介しましょう。

花粉症が運転に与える影響

詳しくはこちら

花粉症が勉学に与える影響

詳しくはこちら

花粉症が仕事に与える影響

詳しくはこちら

パフォーマンスを取り戻すためには

花粉症によって低下したパフォーマンスを取り戻し、悩みを解決するためには、まず病院を受診し、正しい診断に基づいた適切な治療を受けることが何よりも大切です。

そらいろレター プロジェクト